Skip to content

三ヶ月間放置した畑の整備を開始しました

7月12日に怪我をして、そのまま入院、8月3日に退院するも、ギブスが20日迄、リハビリ開始するも、暫くの間の天候不順もあって放置。やっと天候も気力も回復して除草を始めたのは10月6日になってからでした。CIMG0661放って置けば、草は枯れるけど、夏に勢いよく育った草は根を張り種を振りまくので除草は必須、これをサボれば来春には瞬く間に雑草に溢れるのです。

CIMG0666思えば昨年の今頃もせっせと夏野菜の後始末に追われていました。あれ程に手入れした畑でしたが、今年の夏の放置はただただ自省するのみです。大きく育った桑の木も綺麗に整理しました。来年は小さく育ててみようと。

CIMG0667まだまだ畑の整理が道半ばなれど、今年はサツマイモを9本植えたので、その結果だけが今の楽しみです。もう掘り起こして良い時期でしょうが、葉は未だに青く、左側の除草を優先せよとは天の声です。

 

広告

嗚呼、1カ月もの間 畑に入れませんでした。

7月12日に入院してから8月3日に退院そして今日までの間、畑を放置。その間インゲンにキウリやトマト、トウモロコシやスイカの収穫を諦めざるを得ませんでした。CIMG0589放置されたトウモロコシが枯れている。それを覆い被さるようにカボチャの勢い、荒れ放題とは真にこの状態恥かしいと共に申し訳なくも感じます。

CIMG0590道の外にまで出て来てしまったカボチャ、この勢いに頭が下がります。

CIMG0597辛うじて、カボチャに負けずゴーヤがしっかり実を付け生育中なのに救われました。脚の踏み場もない程に荒れ放題とはこの図です。

CIMG0599ゴーヤの裏に回ってもこのあり様に思わず失笑、想えば寒い時期から土壌作りに手間を惜しまず、種を蒔き、苗を育ててきたこの畑。数本のトウモロコシは味わえたのに、キウリやトマトも味わいはじめた矢先に事故って入院。そして今、生まれ変わって戻ってきたのにしっかり収穫できずに味わえず、ごめんなさい。身体を傷つけてごめんなさい。18年目のドカティM900 ごめんなさい、必ず治しますから。とても神妙な2017年の盛夏です。

なかなか美味しく戴けました

これ骨折治療入院中の食事です。1日三食、これ以外に無糖缶コーヒーやアイスクリーム、お茶を時折間食、いつも満腹にする必要が無い事が立証できた様な気がしてまする(笑)

フォトはガラ携で上から7/13の朝食8時、昼食12時、夜食18時の順に並べてみました。

食したもので身体はできているので大事、主治医とスタッフの皆さんのお蔭です。改めてお礼申し上げます。 ありがとう!

嗚呼、ごめんなさい。骨を折ってしまいました。

自分の身体に、謝りたい気持ちに溢れる9日目の朝を病院で向かえております。
毎朝8時半頃に、消毒していただいてます。

開放骨折、人生初体験です。

やっと、骨固定用のワイヤーが1本今朝抜けました。(とさ!) 26日に再手術予定との由。

これ全てを自分史の一部として。

今に父を思い出して

CIMG0518これまで幾度となくトライしたものの、アブラムシの被害で収穫できなかったソラマメ、今年もこの半分の丈にも満たない時期にやはりアブラムシ、初めてアブラムシ用殺虫剤を噴霧してみました。花咲く頃に噴霧した事もあって、しっかり機能、何とか生育に成功した今年のソラマメなのです。
そろそろ収穫の時期のはずとの思いで、躊躇せず20個ほど採ってみました。CIMG0529いつも収穫時期を見極められず、収穫時期を逃していたのですが、先ずは試食です。単純に美味しく戴くにはそのままフライパンに入れて焼くに限るはずとの思いがあるのでその真意はいかに? と早速トライです。(w)CIMG0520蓋付きフライパンの方がいい感じで火が通ると思うので、密林で購入してみたのです。CIMG0523ソラマメを反さなくても大丈夫でした。中火で10分ほど焼けばこんな感じ。CIMG0519味はとてもプレーンで素の甘み。幾つでも戴けます。 でも主食じゃなくてビールと共にとなればやはり塩味がベストマッチ、で優しい塩味がマヨネーズや醤油ベースのドレより良いなと感じます。CIMG0527塩は好みですが、最近知人から戴いたお塩は沖縄の「雪塩」これ宮古島産というしょっぱいだけの塩ではなくてとてもまろやかな甘塩パウダーを少し振った方が美味しく戴けました。

CIMG0528焼けた外皮で指先は少し汚れますが、だとしても とても 例えようもなく、美味です。(笑)茹でたブロッコリーもそうですが、マヨネーズなど不要、この塩をサッと振って美味しいのです。大雑把にこの塩を振ってのシンプルさに気が晴れる様な・・。

先週末に身内の不幸もあっての脱力感なれど、農作業にわき目を振らずに没頭しています。全ての計画や予定を消してただただ自分の脚の届く場所で、それは丁度台風をやり過ごすかの様にも似て過ごしております。
かつて母を亡くした際に多弁な父が農作業に没頭していたと同じ様に、無口で黙々と過ごしている自分。あの当時の父の気持ちが等身大になって今、やっと理解できた様な気がするのです。

真夏日の今日思う事

農業をやりだしてから何年になるだろう。ソラマメもブロッコリーも共に順調に育っています。タマネギも丁度美味しい時期になりました。CIMG0509
今年は真面目に農作業を、でも真夏には畑に入ると虫に刺されるので、この時期までに除草を丁寧に実施したいのです。
農業をやりだして分かった事は野菜は大自然に育ててもらう事。タイムリーに生育を助ければ、野菜は正直にきちんと成果を戴けるんです。
文句も愚痴も言わない野菜、口だけでは応えてくれない野菜たちを見守り時に給水や風雨に負けない様に添え木やネットで保護。DSC03285
農業従事者はこの大自然によって守られているのだと自覚する真夏日の今日です。
一方で、外に目を向ければ、社会問題に溢れる昨今ですが、この大自然を汚し続けているのが福島原発の汚染水たれ流し。既に始まっていると感じる大自然からのしっぺ返しですが、果たして人はこの試練に耐えられるのでしょうか。
この事象を報じるマスコミも少ないこの頃なれど人の勝手な理屈で自然を扱えばそのお返しは必ず訪れると感じています。自分だけ、今だけの姿勢では農業は続けられないのです。

美味いじゃないかい

好天候が続く連休ですが、お陰様で少しづつですが、恵みを戴いております。DSC03256

DSC03267このレベルでは甘さは不足なれどカラスに食される前に、苺がフルーツであることを味わっておりまする(笑) 改めて苺が嫌いじゃないんだと再確認中なり。